第3回研究会

第3回研究会「教科書コンテンツの開発と授業のコンテンツ化」および一般

 eラーニングシステムやコース管理システムなど教育を支援する基盤となるシステムの整備が進んできましたが,そのシステム上で利用できるコンテンツの充実が重要な課題となっています.また,電子書籍プラットフォームが普及しはじめ,これらで利用できる教科書コンテンツの充実も期待されています.
 一方で,大学などの教育機関では,授業中の教室内の様子や板書,ノートなどを映像や音声,電子データの形で記録・保存することにより,実際の授業をもとにしたライブ型のコンテンツを作成し,復習やFD(faculty Development)等に活用しようとする試みが盛んとなりつつあります.
 そこで本テーマセッションでは,教科書コンテンツの開発や授業のコンテンツ化,コンテンツの活用など「コンテンツ」に関わる研究や実践報告を募集します.また,一般テーマでの発表も受け付けますので講演申込をお願いいたします.
(テーマ担当:美濃導彦・上田真由美)

スケジュール

  • 発表募集開始: 2010年9月10日(金)
  • 発表募集締切: 2010年10月15日(金)
  • 原稿締切: 2010年11月15日(月) (厳守のこと)

発表申込み・原稿執筆

  • 講演申込(題目・著者・概要)〆切:2010年10月15日(金)

下記情報を submit at sigcle.jp までご送付ください (at を@に変えてください).
今回より,試験的に一部のセッションを研究会登録会員向けに期間を限定してUstream配信を行います.
Ustream配信の可否をお知らせ下さい(Ustream配信の詳細については後日お知らせします).

 (1) タイトル:
 (2) 著者名(発表者に○):
 (3) 概要(100~200字程度):
 (4) Ustream配信を ( 承諾する 承諾しない )
 (5) 連絡先(勤務先)
  ・郵便番号:
  ・住所:
  ・氏名:
  ・電話番号:
  ・E-MAILアドレス:

  • 予稿集用原稿(最大8ページ)〆切: 2010年11月15日(月) (厳守)
     ☆原稿締切に間に合わないと発表はキャンセルとなりますので,ご注意下さい.
     情報処理学会の規程をご参照ください:
     http://www.ipsj.or.jp/09sig/kenkyukai/genko.html
     (提出先等,詳細については,申込み締め切り後に,申込みされた方に連絡します)

◆ 問い合わせ先
 submit at sigcle.jp(CLE研究会幹事)

第3回CLE研究会実行委員会

 (主査)竹村治雄(大阪大学)
 (幹事)井上 仁(九州大学),渡辺博芳(帝京大学),上田真由美(京都大学),伊達 進(大阪大学)
 (担当運営委員)梶田将司(名古屋大学), 多川孝央(九州大学)


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-04-06 (水) 10:48:42 (2274d)