* 第9回研究会講演募集「教育環境におけるクラウドコンピューティング活用」および一般 [#pb47911b]

教育機関における情報環境を取り巻く状況は,ここ数年のクラウドコンピューティング技術の進展を通じて大きく変わりはじめています.その結果,システムの仮想化等の情報基盤レベル,教育学習支援機能を実装するためのプラットフォームレベル,クラウドサービスプロバイダ等が提供する教育学習支援機能を利用するサービスレベル,組織をまたがった認証連携のようなアクセスコントロールレベルなど,様々なレベルで教育環境におけるクラウドコンピューティングの活用が始まっています.

そこで,今回の研究会では,教育環境に関わるクラウドコンピューティングに関わる技術開発や教育実践を対象とした研究発表に焦点を当てて募集します.また,一般のテーマでの研究発表も同時に募集いたしますので,テーマに縛られることなくふるってご応募頂ければ幸いです.

(テーマ担当: 梶田将司)


- 日時: 2013年2月1日(金)~2日(土)
- 場所: 国立情報学研究所 (NII) 12階1208会議室 (東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
-- アクセス: http://www.nii.ac.jp/about/access/

** 参加費 [#t5c2015c]
- CE研究会またはCLE研究会登録会員  無料
- CLE研究会登録会員  無料
- 情報処理学会学生会員 500円
- 情報処理学会会員 2,000円
- 非会員  3,000円 非会員の学生も非会員の参加費が適用されます.

* スケジュール [#j0f74482]

- 発表募集開始: 2012年11月15日(木)頃を予定
- 発表募集〆切: %%2012年11月30日(金) 2012年12月12日(水) <- ''〆切延長しました''.%% 〆切りました.多数のお申し込み,ありがとうございました.
- 原稿提出〆切: 2012年12月28日(金)  <- 年末年始を挟みますので''通常よりも原稿提出の〆切が早くなっています''.ご注意下さい.

* 発表申込・原稿〆切 [#tfc98819]
** 発表(講演)申込 [#w43a86d0]
- 発表(講演)申込(題目・著者・概要)〆切: %%2012年11月30日(金)%% %%2012年12月12日(水) %%発表申込は〆切ました.
-- 今回から研究会申込みシステムが稼働します.情報処理学会第9回CLE研究会の発表申込ページ http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/cle9.html より発表の申込をお願いいたします.
-- 試験的に一部のセッションを研究会登録会員向けに期間を限定して Ustream 配信を行っています.配信は,研究会登録会員に対して研究会当日のライブ配信と1週間の録画配信を予定しています.Ustream 配信の可否をお知らせ下さい.

** 原稿執筆 [#h4df2530]

- 原稿提出〆切: 2012年12月28日(金)  【厳守のこと】
-- ''原稿締切に間に合わないと発表は*自動的に*キャンセルとなります''ので,ご注意下さい.
- 予稿集用原稿(最大8ページ)
-- 情報処理学会の規程をご参照ください:  http://www.ipsj.or.jp/journal/submit/style.html (提出先等,詳細については,申込み締め切り後に,申込時の連絡先にお伝えします)

* 懇親会 [#qbbe8b1c]

研究会第1日目終了後,以下のように懇親会を予定しています.

- 日時 2月1日(金)18:00-20:00
- 場所  神保町VERDURA
-- http://r.gnavi.co.jp/a383600/
- 予算 4500円/人

事前に人数を確定させる必要があるため,参加ご希望の方は''平成25年1月27日(日)''までに

- ご芳名
- ご所属
- メール・アドレス

を明記の上,committee at at sigcle.jp (atは@に読み替えてください)宛メールにてご連絡下さい.subject は「CLE9懇親会参加申込」でお願いいたします.

* プログラム [#ub43a67a]
- 発表時間30分(発表20分+ディスカッション10分)
- ○印は発表者

** 2月1日(金) [#h820c251]

*** セッション1 14:00~15:00(CLE利用の効果の検証) [#w5b3fe06]

座長: 多川孝央(九州大学)

1. 小テストマイニングによる学習つまずき要因の推定

○加藤利康(日本工業大学大学院)

2. ICT機器を活用した遠隔地と結んだアクティブラーニングモデルの考察

藤原明生(神戸情報大学院大学),○児玉悠佑(神戸情報大学院大学),田中愛海(神戸情報大学院大学)

*** セッション2 15:30~18:00 (システム開発) [#lbedbfc5]

座長: 山川修(福井県立大学)

3. 大学全入時代の多様な学生の抱える問題に着目した研活動支援システム

○田村亘(岩手県立大学大学院),南野!!謙一(岩手県立大学大学院),後藤裕介(岩手県立大学大学院,渡邊慶和(岩手県立大学大学院)

4. 制作課題における評価者視点の学習のための相互評価システムの研究 ~相互評価部の構築と運用報告~

○坪倉篤志(日本文理大学),松原伸人(株式会社SRA),林敏浩(香川大学),足立元(日本文理大学),西野和典(九州工業大学)

5. Webベース8085マイクロプロセッサシミュレータの開発とそのLMSへの実装

○村松一弘(王立ブータン大学科学工科カレッジ)

6. 講義内容の要約字幕作成支援システム ~重要文自動抽出手法の提案(その2)~

○工藤永貴(芝浦工業大学),千葉亮太(芝浦工業大学),八重樫理人(香川大学),上之薗和宏(青山学院大学),古宮誠一(芝浦工業大学)

7. シラバスシステムからのキーワード抽出による図書館蔵書検索システムとの連携

○田中要江(九州大学統合新領域学府),井上仁(九州大学情報基盤研究開発センター)

** 2月2日(土) [#v617f4b4]
*** セッション3 10:00~12:00(クラウド化) [#ufc67471]
冬木正彦(関西大学)

8. クラウド化を想定した複数サイトの疎結合による教育基盤システムの構築

足立紘亮(信州大学大学院),長谷川理(信州大学総合情報センター),○新村正明(信州大学大学院)

9. 情報系大学院におけるVCL活用

伊東栄典(九州大学),堀良彰(九州大学),○笠原義晃(九州大学),井上弘士(九州大学)

10. Apache Virtual Computing Laboratory の現状と実装

○梶田将司(京都大学)

11. 大規模オンラインコースを考慮した学習支援システムの構築

○堀真寿美(帝塚山大学),山地一禎(国立情報学研究所),小林信三(SmileNC),小野成志(NPO法人CCC-TIES(武蔵大学)),安東孝二(株式会社mokha)

*** セッション4 13:30~15:00(eラーニングとコンテンツ) [#f94f6bec]
福村好美(長岡技科大学)

12. Web教材コンテンツ有効利用に向けた学習ログ情報を用いたコンテンツの評価

○池田瑞穂(関西学院大学)

13. ブータンの高等教育機関における e-Learning の現状と課題

○村松一弘(王立ブータン大学科学工科カレッジ),Yeshi Wangchuk (王立ブータン大学科学工科カレッジ)

14. 倫倫姫プロジェクト on 学認: 多言語情報倫理eラーニングコンテンツの共有

○上田浩(京都大学),中村素典(国立情報学研究所),岡部寿男(京都大学),古村隆明(京都大学),曽根秀昭(東北大学),西村健(国立情報学研究所),山地一禎(国立情報学研究所),キースベアリー(群馬大学),牧原功(群馬大学),久米原栄(群馬大学)

* 問い合わせ先 [#j1acf15e]

submit at sigcle.jp(CLE研究会幹事)

* 第 9 回研究会実行委員会 [#qb015898]

主査: 竹村治雄(大阪大学)~
幹事: 上田真由美 (流通科学大), 伊達進(大阪大),梶田将司(京都大),安武公一(広島大)~
現地担当: 山地一禎 (国立情報学研究所)~
担当運営委員: 冬木正彦 (関西大学),山川修 (福井県立大)

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS